フォームドレッシング - メピレックス® ライト

皮膚にやさしい薄いタイプのソフトシリコン・ポリウレタンフォーム

メピレックス® ライト

メピレックス® ライトは薄いタイプのソフトシリコン・ポリウレタンフォーム材です。脆弱な皮膚にやさしく、滲出液を吸収、創傷治癒に必要な湿潤環境を整えます。

セーフタック®技術により、ドレッシング交換時の「痛み」と「組織損傷」を軽減します1,2,3

浸軟のリスクを軽減します7,8,9

創部の形状、大きさによってカットして使用できます

薄くやわらかいため、快適にお使いいただけます

メピレックス® ライト

管理医療機器
局所管理フォーム状創傷被覆・保護材
認証番号:22300BZX00052000

【保険適用】
種類: 特定保険医療材料
保険請求名: 皮膚欠損用創傷被覆材 メピレックス ライト
保険適用範囲: 真皮に至る創傷用
適用期間: 2週間を標準として特に必要と認められた場合については3週間を限度とする*
保険請求: 償還価格による

*区分番号「C114」在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料を算定している患者に対して使用した場合を除く

*ご使用前に必ず添付文書をお読み下さい。

 製品番号   ドレッシングサイズ(cm)   枚/箱 
284000 6.0×8.5 5
284100 10.0×10.0 5
284300 15.0×15.0 5
284500 20.0×50.0 4
  1. White R. A Multinational survey of the assessment of pain when removing dressings. Wounds UK, 2008.
  2. O’Donovan D.A. et al. The role of Mepitel silicone net dressings in the management of fingertip injuries in children. Journal of Hand Surgery, 1999.
  3. Dykes PJ et al. Effect of adhesive dressings on the stratum corneum of the skin. Journal of Wound Care, 2001.
  4. Data on file : PD-131052, PD-005010, PD-030039, PD-068363, PD-133408, PD-275474
  5. Young MJ, Robbie J Management of the diabetic foot: A guide to the assessment and management of diabetic foot ulcers, The Diabetic Foot, 2002 5(3): Supplement S1-S7
  6. Diggelmann KV et al. Mepilex Lite dressings for the management of radiation-induced erythema: a systematic in-patient controlled clinical trial. The British Journal of Radiology, 2010.
  7. Wiberg A.B et al. Preventing maceration with a soft silicone dressing: in-vitro evaluations. Poster presented at the 3rd Congress of the WUWHS, Toronto, Canada, 2008.
  8. Meaume S. et al. A study to compare a new self adherent soft silicone dressing with a self adherent polymer dressing in stage II pressure ulcers. Ostomy Wound Management, 2003.
  9. Feili F et al. Retention capacity. Poster presentation at the EWMA conference, Lisbon, Portugal 2008.
  10. Upton D et al. The Impact of Atraumatic Vs Conventional Dressings on Pain and Stress in Patients with Chronic Wounds. Journal of Wound Care, 2012.
Share this