Skip to Main Content
高度な検索

ラテックスアレルギー対策の重要性

患者様よりも医療従事者の方がラテックスアレルギーを発症しやすいため 、多くの病院ではラテックスフリー(合成ゴム)サージカルグローブを採用しています。

バイオジェル ラテックスフリー サージカルグローブ

医療分野で、ラテックスアレルギーへの関心が高まっています 。 最近の市場調査によると、ヨーロッパの外科医や看護師の93%が、ラテックス製手術用手袋によるラテックスアレルギー反応のリスクに、中程度または高い懸念を抱いています 

医療従事者によるラテックスアレルギーは、2-17%と高値であるが、日本国内でも1.1-3.8%であるという結果が出ています。 。 ラテックスに接触する頻度が高いほど、ラテックスアレルギーを発症するリスクが高くなります。 

   。  

ラテックスアレルギーの治療コスト

ラテックスアレルギーは病院に経営的なインパクトを与えることがあります。

  • 予期せぬ術後合併症
  • 手術室全体を、新たにノンラテックスでのセッティングをする必要性
  • 医療従事者の労働時間の喪失

医療従事者と患者様のラテックスアレルギーのリスクを最小限に抑えるため、ラテックスフリーサージカルグローブの使用に限定する医療施設が増えています

ラテックスフリーサージカルグローブがどのように役立つか

ラテックスフリーサージカルグローブのみを採用することで、ラテックスアレルギー患者様の曝露リスクを低減し、2種類以上の手袋を保管する必要性もなく、効率化を目指す医療施設が増えています。

ラテックスフリーサージカルグローブは、以下のことに役立ちます。

  • 患者様や医療従事者のアレルギー反応やアナフィラキシーショックの予防
  • 非感作者の初期感作の予防
  • 術後合併症などによる不必要な費用と苦痛の軽減
  • 100%ラテックスフリーの機器を標準在庫とすることで、適正在庫の維持や潜在的なアレルギーのリスク低減に役立ちます

メンリッケヘルスケアの関連製品

'References'

Share this page on social media

お問い合わせ
マーケットを選択

地域選択

Mölnlycke 閉じる

医療従事者同意書

このページの情報は、医療従事者の方のみが入力できます。 医療従事者の方は、下のボックスをクリックしてください。